夜カフェ&パクチー&パン

母が遊びにきておりまして、一緒にあちこちへ。

まずはなやばし夜イチへ。

f:id:simplesinglelife:20161030145916j:image

f:id:simplesinglelife:20161030145919j:image

16時からで16時半ごろ着いたのですが、すでにチラホラ行列が。みんな良く知っているんですね。ワンブロックの距離に色々なお店が集まっていて、思っていたより小規模。すぐに全部のお店を回れるので、行列の短かったコーヒーと南山大学の学生さんが企画した蒲郡みかんのシュークリームでひと休み。川沿いの屋外に座って休めるのが、数年前に一緒に行ったオランダの街を思い出させたらしく、妙に嬉しそうな母でした。日が落ちると冬のような寒さ。楽しいイベントですが、夏が良いね…

その後、予約していたパクチー専門店へ。

ラムチョップパクチーズ(名古屋駅/ダイニングバー) | ホットペッパーグルメ

2人ともパクチー大好きだったので、絶対に母は楽しめると思ったのですよ!

f:id:simplesinglelife:20161030193206j:image

f:id:simplesinglelife:20161030193210j:image

パクチーモヒートに、サラダ、生春巻き、しゃぶしゃぶ!幸せでした。ラムは全く臭みがなく、豚肉みたい。

 

それから日曜日は、久屋大通公園で開催されたパンマルシェへ。

パンマルシェ - パンマルシェ in モリコロパーク

 11時ちょっと前に行ったのですが、大行列。どこもかしこも。

みんなパン屋さんをよく知っているんですね〜何軒か行列が少ないところを選んで購入。写真撮り忘れちゃった(笑)

お目当がある人は、遅れたらアウトだと思います。あーお腹いっぱい。

 

11. バルカン半島(南側)に行こう

最後に、旅行記には書かなかったいくつかのことを。

 

■靴

旅行の靴は常に悩ましいアイテムです。悩んで結局、サンダルかバレーシューズなんですが、両方とも今回は履きつぶしてしまい、ネットを徘徊することに。今年に関しては、評判の比較的高いこちらを。

Chaco(チャコ)公式ブランドサイト by エイアンドエフ

 

f:id:simplesinglelife:20161024094008j:image

お店で試し履きもしたのに、近場の買い物にも履いていったのに、見事に靴擦れを起こしました。しかもそれ以降は、あまりに足に合わなくて結局ぼろぼろのバレーシューズで過ごしました。

 f:id:simplesinglelife:20161024093655j:image

何が合わなかったかというと、まず足にフィットしすぎるデザインになっているところ。足の内側の土踏まずの部分が盛り上がっていたり、縁が少し高くなっていて足を靴の中に収めるような構造になっているんですね。これが私には合わなかった。

足を縁の中に収めたときに、余裕があまりない状態だったので、歩いていくうちに、だんだんと窮屈な感じに。それに加えて常に土踏まずが刺激されていて、そのアーチが私の足に合わなかったみたい。

もう一つは、ベルトがちょうどそのアーチ部分に接続されているとこと。歩くうちに、足が動いて内側に動き、ベルトの付け根を常に踏みつけるような状態に。上の2つが重なって、見事に足の内側、土踏まずの部分をやられました。絆創膏を貼っても、当たっている面が大きいため、ダメージも大きく。もう履くことはなさそう。。。

もしChacoを買おうとする場合は、足の幅(かかと部分も!)が、靴の中で窮屈ではないか、よく検討してみてください。

 

■バスの時間

都市間は特にバスのお世話になるしかないのに、バスターミナルが複数あったり、公式サイトが見つからなかったりと、時間制限のある短期旅行者には優しくないバルカン地域。そんな方には下記のページがおすすめ。

BalkanViator | Bus tickets and timetables | Taxi | Ride-sharing

コソボとかはちょっと時間が違った便もあったみたいだけど、基本的には問題ないです。これがなかったら、予定が立てられなかったかも。スコピエの宿のスタッフもこれで調べていたので、お墨付きです。

 

■今回の支出

いつも下記のアプリを使っています。旅行ごとの登録ができて、通貨レートも登録できるので、便利なんです。

 さて今回の支出は…

 f:id:simplesinglelife:20161024093819p:image

交通費が一番多かったみたいです。ただ東京→名古屋の新幹線が入っているからな~

長者町ゑびす祭

今週末は長者町が熱いらしい、ということで、行ってみました。

長者町ゑびす祭り公式ホームページ

 

長者町には普段用がないので、数年ぶりぐらいです。(そういえば前回のトリエンナーレで元カレとデートしたなあとか、ちょっと苦い思い出が噴き出してきたり笑)

 

f:id:simplesinglelife:20161023133139j:image

通りに沿って、色々なお店が並んでいます。オシャレなお店も多く、一部の区画は先週のSocial tower marketみたい。でも基本は、いわゆる町内の洋服屋さん的なお店みたいです。

f:id:simplesinglelife:20161023133355j:image

f:id:simplesinglelife:20161023133405j:image

フードコーナーもあって、気になったお蕎麦でまずは腹ごしらえ。きのこそばと言いつつ、あん肝に味も見た目も奪われるそばでした。

f:id:simplesinglelife:20161023133602j:image

ちんどん屋なんて珍しいと思っていたら、

f:id:simplesinglelife:20161023133631j:image

彼らが現れ、

f:id:simplesinglelife:20161023133652j:image

文字通り、歩くスピーカーの河村市長が参上。カオス。

f:id:simplesinglelife:20161023140147j:image

結局、戦利品は、椎茸、くるみパン、ふすまパン。それから、前から気になって仕方がなかった、エアーかおる。

 

Social Tower Market@テレビ塔

今週は名古屋まつりですね。お祭りには興味がない(え。ただ、テレビ塔近くで面白そうなイベントがあったので、行ってみました。

 

f:id:simplesinglelife:20161015155133j:image

SOCIAL TOWER(ソーシャルタワー)|名古屋テレビ塔に、新しいかたちの社交場を。

 

いろんなオシャレなお店が集まっていました。フェアトレードあり、近くのお店あり。

 

f:id:simplesinglelife:20161015155331j:image

f:id:simplesinglelife:20161015155344j:image

ひとまずお昼ゴハン!有名な西アサヒが出店しており、早速噂のタマゴサンド。

できたてアツアツのサンドイッチで、油断して火傷をしました(笑)ふわふわのタマゴ焼きにキュウリのマヨ和え。シンプルなお味。私はマヨネーズでクラッシュした卵を和えたタイプで育ったので、このタマゴサンドは新鮮!

 f:id:simplesinglelife:20161015155834j:image

15時過ぎに行ったのでフードエリアは売り切ればかり。異彩を放っていたのはこちらの燻製屋さんでしょうか。ワインもビールも日本酒もあって、飲兵衛にはたまらんないイベントですね。

 

f:id:simplesinglelife:20161015160023j:image

ピザ屋さんは車の中に釜が!美味しそうだったなあ。

 

f:id:simplesinglelife:20161015160112j:image

素敵なモノがたくさん!

f:id:simplesinglelife:20161015171041j:image

美濃加茂のお店でみかんのドライフルーツを(お菓子をおまけしてくれました!)、八風農園で味噌を購入。

 

ドライフルーツは紅茶に入れるといいみたい。明日の朝食に、このお味噌で味噌汁を作ろーっと。

 

 

10. バルカン半島(南側)に行こう: ソフィア→名古屋

2016年7月31日 Day10

ついに旅も終わり。最終日は飛行機の時間まで、ソフィアの街をぶらぶらすることに。

f:id:simplesinglelife:20161010163522j:plain

行っていないモスクとか市場に行こうかな、と思いつつ、通りすがりの教会でミサをしているのを発見。流石に途中入場できる雰囲気ではなく、扉の向こうから美しい合唱を聞いていました。

f:id:simplesinglelife:20161010163324j:plain

ラテン語の回があるけど、どれくらいの人が参加するのかしら…

 

f:id:simplesinglelife:20161010163830j:plain

それからモスクに向かったのですが、扉が厳重に閉められている。あれーもしや今日は開かない?とちょっとがっかり。帰り際にもよりましたが、やっぱり閉まったまま。前日とかに行っておけばよかったなー。

 

f:id:simplesinglelife:20161010163915j:plain

モスクの真向かいに怪しい(笑)建物が。駅みたいな、博物館みたいな。よく見ていると、人が出入りしている。何だろう…と入ってみると、

f:id:simplesinglelife:20161010164126j:plain

マーケットでした。ああ、ここがセントラル・ハリだったか!さすが日曜日の朝だけあって、閑散としていました。長期滞在なら、ここで食糧調達だよね。バルカン半島の国々は、基本的にスーパーマーケットが面白くないので、こういうところがあるとホッとする~今思うと、パンでも買っておけばよかったな。

 

そこから屋外の市場に向けて、10分ぐらい歩きました。本当に人が少ない。もう9時すぎだったんだけど、ここが旅貧乏人の感覚というのか、とにかくのんびりできない(笑)分かってはいるんだけどね。

f:id:simplesinglelife:20161010164747j:plain

外市場も、閑散としている。きっと平日ならもっといろんなお店がでて、人がいっぱいいるんでしょうね。朝ごはんが食べられるかなと思ってきたから、ちょっと当てが外れちゃった。山積みの野菜がたくさん、まだ並べてる最中のお店もあったけど、よく見たら結構トマトが腐ってた(笑)それを選別しつつ、拭きつつ並べてたので、こういうところで買うときはよくよく見ないと駄目なのよね~と思いつつ、端から端へ。

 

何もないし、ひとまず駅のほうに戻りつつ、途中でスーパーに立ち寄る。

f:id:simplesinglelife:20161010165227j:plain

ペットボトルのビールは一人旅には試しづらい。

 

f:id:simplesinglelife:20161010165428j:plain

ブルガリアヨーグルト。思っていたよりも種類は普通の数。

f:id:simplesinglelife:20161010165817j:plain

あれ、青じゃなくて黄色のやつ…?

 

帰り道で、目の前からスペイン人の団体さんが。ちょうどシナゴーグの中に入っていくので、何食わぬ顔で後ろについていきました。シナゴーグは見学可能だけど、入口が施錠されているから、見学希望はベルを押して開けてもらわないといけないのよね。ちょっとそれだけで、見学ハードルが上がるから。ちょっと躊躇しちゃうじゃない。

今後訪問予定の人は安心を。守衛さんがすごく優しいので。

f:id:simplesinglelife:20161010170254j:plain

中に入って撮影もOK。よく見ると団体のおじいちゃん、ご自由にどうぞのキッパーをかぶってる~おちゃめ。

f:id:simplesinglelife:20161010170643j:plain

初めてシナゴーグの中に入りましたが、内装は凝ってて素敵ですね。星のモチーフがたくさん。そしてカラフル。でもパステルカラーだったり、くすんだ色が使われているから、馴染むね。

 

市場で朝ごはんが食べられず、結局マクドナルドへ。今までの国にはマクドナルドが出展されていないから、ちょっと新鮮。そして、注文(というか予測)を誤り、大きなハンバーガーに大きなポテトが出てきたとさ。(食べきれなったー)

f:id:simplesinglelife:20161010171054j:plain

お、重い…(ビッグマック)

f:id:simplesinglelife:20161010171151j:plainラップとか面白そうなものにすれば良かったー。

 

チェックアウトをしようと部屋に戻ったら、夜中に到着していた3人目の女の子が起きていたので、雑談。どうやらロンドンで働いていて、ニュージーランドに帰省するのに、ついでに旅行しているとのこと。カーシェアのやつ(名前忘れた)で、ドライバーの人を待ち合わせ場所で待っていたら、国境で渋滞に引っかかっていたらしく、約束の5時間遅れでやってきたとのこと。うーん、こうやってお得にSNSとか使って旅行できるのは良いけれど、時間の余裕がないとリスクが高いよね…

 

f:id:simplesinglelife:20161010171648j:plain

最近、地下鉄が空港に接続したので、交通には問題なし。それまでは街中からバスとかタクシーとかで、ぼったくり問題が多かったみたい。

f:id:simplesinglelife:20161010171813j:plain

見た目はきれいな空港ですが、出国後は何もないので、注意。お店もスペースがあるのに、シャッターが閉まっていたりして、お土産物とかはあんまり期待できないです。

 

f:id:simplesinglelife:20161010172126j:plain

因みにラウンジはこんな感じ。そっけない。食べものは暖かいご飯はなくて、お菓子とかパンがありました。お酒とか飲み物は充実。

f:id:simplesinglelife:20161010172256j:plain

ソフィア→フランクフルトはビジネスクラスは満席。やっぱりご飯が出ました。これ、チーズが美味しかった。左上の怪しいやつはカスタードプリン+マンゴーソースのデザートです。最初、粒マスタードかと思ってどうしようかと悩んだ(笑)

f:id:simplesinglelife:20161010172459j:plain

フランクフルトで、5時間近く待ち時間。ソフィアとは違って、ご飯がたくさんあるSenater Lounge。おしゃれなカフェみたいな内装。お酒飲んで、ソーセージ食べてぼーっとしていました。ルフトハンザのファーストだと、ファーストラウンジが使えるらしいですが、私はANAのファーストクラスだったので、こちらのラウンジ。

f:id:simplesinglelife:20161010172739j:plain

時間が来たので、ついに!ファーストクラスへ。なんだか自分が場違いな感じで、挙動不審。最初に搭乗させてくれて、席に着くと、CAさんから着替えますかー?と案内されます。ちゃんとトイレの順番を調整しながら案内しているみたい。

こーんなに足元が広くて、かえって落ち着かない。こっそり撮影していたら、CAさんがお写真撮りましょうか、と行ってくれましたが、謹んでお断りしました。恥ずかしい。そういえば、最初に搭乗するので、離陸まで時間が結構あるのですよね。その間にCAさんと結構会話をするのですが、「どこに行かれていたんですかー?ドイツですか?」と聞かれ「バルカン半島のほうに…」と言ったら、「涼しかったですか?」と聞かれました。なぜ??と思いつつ、日本と同じですよと答えていたのですが、今思うとたぶんスカンディナビア半島と間違えたんだな(笑)こんな変わった所に旅行に行く旅人は、ファーストクラスなんて乗らないのでしょう。

f:id:simplesinglelife:20161010173046j:plain

飲み物とご飯をあらかじめ聞かれるのですが、噂のクリュグをお願いしました!それから機内で和食は頼まない主義のため、洋食の牛フィレを。

f:id:simplesinglelife:20161010173558j:plain

アミューズ。チーズペッパーバーが美味しかった。クリュグは複雑なお味でした。(グルメではないので、ご勘弁を。)

f:id:simplesinglelife:20161010173728j:plain

サーモンを巻いたもの。(実はここですでにお腹が7分目…)

f:id:simplesinglelife:20161010173805j:plain

サラダに、

f:id:simplesinglelife:20161010173859j:plain

牛!中が少し赤い状態だったのですが、気になるのならもう少し焼きますよと言われました。機内設備ってどうなっているんだろう…?

f:id:simplesinglelife:20161010174007j:plain

f:id:simplesinglelife:20161010174038j:plain

デザート。もうお腹いっぱい、破裂しそう…

f:id:simplesinglelife:20161010174123j:plain

すぐに寝ました(え

f:id:simplesinglelife:20161010174222j:plain

f:id:simplesinglelife:20161010174409j:plain

朝ごはんは、そんなにお腹が減っておらず、また洋食を。実は途中で後ろの席の方が、ラーメンを食べてて(ずずずーって聞こえてきた)、おいしそうだなと思ったのですが、調子に乗って食べすぎると、たぶん具合が悪くなるので。ギャル曽根ちゃんみたいな胃袋だったら、全部試せるのに~と思ったのは秘密。

f:id:simplesinglelife:20161010174512j:plain

f:id:simplesinglelife:20161010174551j:plain

f:id:simplesinglelife:20161010174620j:plain

いつも思うけれど、パッションフルーツみたいなやつの美味しさがイマイチ分からない。

f:id:simplesinglelife:20161010174915j:plain

着陸まであと少し、ぐらいの時に、CAさんがいかがですか?と羊羹とお抹茶を出してくれました。とらやの羊羹~!お抹茶は、点て方はもう少し練習が必要かな?

 

着替えは記念にくれました。寝て食べただけのファーストクラスはこれにて終了。個人的には、ビジネスクラスもフラットで寝られる昨今、ファーストクラスでなくても良いのかもねと思います。ANAならこの設備・サービスですが、きっとエミレーツとかは格段に違うのかもしれませんね。これも、ファーストクラスの経験ができたから言えること。なんとも贅沢な旅でした。30歳記念の旅はこれにて終了。

 

その他もろもろのご紹介をしたいので、ブログにはあと1回、この記事を書きます。

半田市散策

名鉄半田市のポスターが貼られていまして、気になって行ってみることに。このポスターがすごく良くて、一面に彼岸花が咲き誇る写真が使われているのです。

(毎週土曜日は、午前中に着付け教室に行くのであんまり遠出する気がないのですが、今週はお休みだったので、ちょうどよかった。)

www.handa-kankou.com

散策ルートとしては、矢勝川→新美南吉記念館→ミツカンミュージアムと何となく決めて出発。

f:id:simplesinglelife:20161002154620j:image

半田口の駅では、ごんが迎えてくれます。駅からは15分ぐらい。一本道だけど車は結構多い。歩いているとちらほら彼岸花が咲いているのが見えます。

f:id:simplesinglelife:20161002154659j:image

記念館の前ぐらいで川が近くなるので、目に一面の彼岸花が飛び込んできます。もう枯れ始めているものもあるのだけど。彼岸花の赤って独特の赤ですよね。まっか。彼岸花は毒があるからとか、曼珠沙華って別名とかから、妖艶でちょっと怖いイメージがあって(個人的には女性の真っ赤なリップとも重なるのよね。赤いリップって流行っていたけど苦手…)、でもこうやってたくさんの花が集まっているのを見ると、むしろ恐怖感が薄まってただ美しいとも思いました。

地元の野菜やパンが売られていたりもしました。

 f:id:simplesinglelife:20161002154722j:image

道を挟んだ反対側が記念館。建物が半地下でおしゃれ。中は、新美南吉の生涯を作品をからめつつ回るもので、とても面白くちょうど良い広さでした。

http://www.nankichi.gr.jp/

 f:id:simplesinglelife:20161002154947j:image

教科書に絡めた特別展示もやっていましたが、48歳以下の日本人はみんな教科書で彼の作品を勉強しているということにびっくり。特別展では教科書の挿絵を描いている作家さんのコメントもありました。私は光村図書だから、かすや昌宏さんの挿絵でしたが、オリジナルの絵が飾ってありました。オリジナルは光を利用した光彩画というもので、とてもきれいでした。

 

新美南吉は意外にイケメンでした。彼がごんぎつねを18歳で発表していたことに、衝撃を受けました。私は死ぬまでこんな素晴らしいお話はかけない・・・

f:id:simplesinglelife:20161002154908j:image

f:id:simplesinglelife:20161002154928j:image

壁には彼の発言の一部が飾られていましたが、はっとさせられる言葉もあれば、すごくきゅんきゅんする言葉もあったり。29歳で亡くなっているということが惜しいなと思いました。

 

ごんぎつねも、てぶくろをかいにも久しぶりに読みましたが、こんなに美しいお話だったかしらとびっくりして、ちょっとじーんと来てしまいました。子どものころは感じなかったけれど、大人になって読むと、この2つのお話は透き通っていて心にしみわたるものでした。

 f:id:simplesinglelife:20161002155013j:image

今は秋のキャンペーン中で無料循環バスがあったので、それで蔵のまちへ。ここには国盛酒の文化館というところがあって見学できるのですが、実は予約が必要。予約してなかったのですが、駄目元で入ったところ自由見学で入ってもいいですよといっていただきました。知らなかったのですが、なんとこの土日限定で新酒を売っており、試飲→お買い上げとなりました。ラッキー!甘くておいしい~その場で樽から瓶に詰めてくれたのです。

酒の文化館

 f:id:simplesinglelife:20161002155027j:image

出口の前をちょうど地元の親子が散歩していたのですが、お父さんが杉玉の説明をお子さんにしていたんですね。そこで「お前も半田の子なんだから、ちゃんと覚えておきなさい」と言っていて、なんだかじーんと来てしまいました。自分たちが生まれ育った町を大切に思っているんだな、と。

 f:id:simplesinglelife:20161002155051j:image

ここから大通りを挟んだ反対側に、天下のミツカンの本社があります。半田だとは全く知らなかった!!きれいな本社棟の横に、ミツカンミュージアムがあります。実はここの見学も予約が必要。事前にウェブを見ていた時に、運よく空きがあった時間帯があり、申し込んでおいたのです。

www.mizkan.co.jp

 

f:id:simplesinglelife:20161002155154j:image

ミュージアムは4か所に大きく分かれていて、お酢の作り方について→半田の街について→ミツカンとお酢の歴史について→食文化と自然保護について→試飲と体験エリアというつくりでした。建物が次のエリアが容易にはわからない構造になっていて、次に何が来るのかというわくわく感のあるとても見事なミュージアムでした。

f:id:simplesinglelife:20161002155231j:image

f:id:simplesinglelife:20161002155238j:image

見せ方がさすが!といった感じ。個人的には弁才船に乗ってみるアニメーションがお気に入りです。もし行く機会があれば、ぜひ、おすすめです。

 

本当は赤レンガ(カブトビール)にも行こうと思っていたのですが、思ったより疲れてしまい、帰ることに。赤レンガはまた今度。

 

 

世界酒紀行

やっぱり風邪が治らない。熱はないんですが、喉が痛いし関節も痛む。30歳過ぎると途端に体が弱くなるみたい。

 

こんな時には、と冷蔵庫に2年近く眠っていたこの子を試すことに。

f:id:simplesinglelife:20160927210335j:image

ブラックバルサム!

ラトビアに行った時に買ったお酒です。アルコール45%のいわゆる養命酒です。そのまま飲むのかな?飲み方が不明だけど、とりあえずお猪口に。…さすが45%、胃に染み渡る〜

味はほのかに甘くて、ハーブの苦味がグッとくる。もう一本、紫色の瓶があるんだけど、こっちはもう少し飲みやすいのかな?

明日は快調になっていてほしいものです。

 

※サイズ比較で薬を置きましたが、併用していませんので、ご安心を。