モーニング@珈琲富士男 / 長崎 思案橋

訪問日:2022月5月1日(日)

せっかくだから長崎のモーニングを、と探すと最初に出てくるこちらのお店。なんと遠藤周作の文章にも出てくるということであれば、行かねば。日曜日もOKならなおさら。

www.coffee-fujio.jp

 

有名店なので、開店と同時に入ろうと思ったら、一巡目最後の組でした(笑) ちなみに写真はお店を出るとき。待っている人たくさんでしたね。

f:id:simplesinglelife:20220501152853j:image

内装はウッディでレトロ。低いテーブルとふかふかのイス。うん、純喫茶だね。

f:id:simplesinglelife:20220502061859j:image

カウンターまでいっぱいで、お店の人はみんな忙しそう。奥でご主人がひたすらサンドイッチを作っていました。が、ちゃんとサンドイッチができるタイミングで、ドリンクの準備を他の皆さんに指示されていて、すごい!それをぼーっと眺める私。
f:id:simplesinglelife:20220501152848j:image

9時開店ということで、ホテルで軽くつまんでいましたが、ある意味別腹。フルーツサンドと悩みましたが、タマゴサンドにします。
f:id:simplesinglelife:20220501152856j:image

サンドイッチセット(860円)

 エッグサンド、コーヒー(HOT)

 

セットのサンドイッチは他にも選べるのですが、ミーハーな私はもちろん有名なエッグサンド。こちらは卵焼きタイプ。注文してから焼いてくれて、ふわっとトロっとしています。マスタードとマヨネーズのシンプルなお味。コーヒーも薫り高く、当然ながら美味しい。行列覚悟で行くのがおすすめです。

 

www.google.com

モーニング@キティ珈琲 / 国際センター

訪問日:2022年5月3日(火)

ちょっと朝早くの用事があり、せっかくなのでこちらによってモーニング。

tabelog.com

いつの間にか閉店になり、いつの間にか復活していた、という有名店。ちょっと名駅から歩くので、個人的にはえいやっと勢いをつけないと行けない(笑)

f:id:simplesinglelife:20220503091458j:image

8時過ぎに到着したら先客1組。モーニングは3種類。たまごに惹かれつつも、今日はシンプルに①を。ドリンクメニューも厳選されています。
f:id:simplesinglelife:20220503091501j:image

外観とか内装はぱっと見古く見えるけれど、きれいです。イスやテーブルは昔のままなのかな。
f:id:simplesinglelife:20220503091455j:image

先にコーヒーが到着し、パンの焼ける音が聞こえたらトーストが到着。
f:id:simplesinglelife:20220503091452j:image

ブレンドコーヒー(HOT) (400円)

①モーニング

 トースト、あんこ、ジャム、サラダ

 

コーヒーはちょっと酸味が効いていておいしいです。そして熱々!(これ重要)

モーニングは自家製の人参?のドレッシングが美味しいです。家に常備したい。トーストはバターなしですが、あんことジャムの2種類で楽しめるのが嬉しいです。サクッと音を立てながらトーストにかじりつき、熱々のコーヒーを飲むって幸せ。

 

www.google.com

モーニング@東横イン長崎駅前 / 長崎 五島町

訪問日:2022/04/30(土)~05/01(日)

長崎旅行のお宿。

www.toyoko-inn.com

 

東横インは、いわずもがなサービスですごーく充実したモーニングを提供してくれるありがたいホテルです。一時期お弁当で提供されていましたが、以前のバッフェスタイルに戻りました。チェーンながら、朝食メニューは各ホテルで若干違っているのも個人的には魅力だと思っています。

f:id:simplesinglelife:20220501092816j:image

さすがGW、6時半の開始時間には行列でした。
f:id:simplesinglelife:20220501092821j:image

1日目。盛り付けがへたくそなのはご勘弁を。皿うどんがある!

f:id:simplesinglelife:20220501092813j:image

2日目。カレーが登場。ナポリタン、かぼちゃサラダ、練り物が、新しく加わっていました。
f:id:simplesinglelife:20220501092818j:image

 

安定のおいしさ。3日目は別で朝食を計画したので頂きませんでしたが、カレーだったみたいです。副菜は若干変わるので、私みたいな連泊の人にも嬉しいサービスです。

希望者はパックに詰めて、お部屋でも食べられますよ。

 

www.google.com

2.長崎に行こう:雲仙観光~長崎市

Day1つづき

島原を後にして、長崎へ帰る途中にある雲仙に立ち寄ることに。行きとは違う道なんですが、山道…くねくねがずーっと続きます。運転しているからいいけど、助手席だったら酔いそう。

温泉街の入り口は湯快リゾート!そこからちょっと進むと、雲仙中心部です。とはいえ天気が悪いからかな?あんまり人はいませんでした。雲仙地獄を通り過ぎたところの駐車場へ。正直、こういうところの駐車場ってどこにあって、どこに留めてよいのかイマイチ不明。

f:id:simplesinglelife:20220503162302j:image

車を降りて、とりあえず来た道を歩いて戻ります。小腹がすいたので、るるぶで見ていた湯せんぺいのお店へ。

tohtoumiya.theshop.jp

店内に入ると手焼きの職人さんの元気な声。1枚100円ということで、まずは頂くことに。ほのかに甘い薄いせんべいです。寒くなかったらアイスクリームと一緒に食べていたところ。店内は広くはないですが置いてある商品がどれもおしゃれで素敵でした。

f:id:simplesinglelife:20220503162328j:image

どうやらあちこちで新しいホテルを工事中で、いまいちどこが入り口か分からない。。。

f:id:simplesinglelife:20220503162356j:image

ちょっと駐車場側に戻ると、湯気で前が見えない場所がありますが、ここがいわゆる雲仙地獄。箱根と一緒ですね、地面からふつふつと温泉が湧いていて、硫黄の香りのする湯気が蔓延しています。

f:id:simplesinglelife:20220503162429j:image

想像よりこじんまりしていて、ちょっと奥へ入れば温泉卵がいただけます。長生きしたいので、迷わず食べます(笑)

f:id:simplesinglelife:20220503162453j:image

温泉卵売り場の前には地熱が体験できる場所も。確かにじんわり温かい。

キリシタンとして弾圧された人の中には、ここで拷問を受けたということで、この山までわざわざ連れてきたのか…とちょっと気になりました。昔はもっと広かったのかしら。

f:id:simplesinglelife:20220503162521j:image

さらっと見て、長崎へ戻ることに。ここからは1時間ぐらいだったかな。路面電車とドキドキしながら並走し宿の東横インへ。立体駐車場があるので安心です。レンタカーの旅で一番ドキドキするのが、ホテルの駐車場(笑)。

f:id:simplesinglelife:20220503162620j:image

到着したのが15時過ぎ。まだまだ明るいのですが、この日にもう一つやろうと思っていたことがあるのです。それが、卓袱料理を体験すること!一人でも食べられるお店があると知り、迷わず行きました。(予約したほうが良いかなと思ったんですが、サイトでは一人での予約は受け付けていないようで、直接行ったわけです。)

www.sippoku.jp

卓袱料理といえば、昔アルフィーの夏イベのDVDで3人が体験していたよな~とちょっと思い出しました。

f:id:simplesinglelife:20220503162602j:image

17時ごろだったので、2組目。すぐに席に通してくださり、注文。

そんなにたくさん食べられないので、一番手ごろな「ぶらぶら卓袱」を。お酒は地酒の本陣。

f:id:simplesinglelife:20220503162655j:image
f:id:simplesinglelife:20220503162714j:image
f:id:simplesinglelife:20220503162652j:image
f:id:simplesinglelife:20220503162649j:image

お料理はどれも美味しく、私には十分な量でした。個人的に大好きなったのはハトシ!これは今後お取り寄せで常備するかも。サクッとしたパンの中にエビのすり身。あとは言わずもがな、角煮。白いご飯と一緒に出してくれるのがまたニクイねえ。どれも美味しく大満足です。

丸テーブルは予約席ということで、あとからたくさんいらっしゃっていました。大勢で囲むと大皿に盛りつけられていて、ああ、卓袱料理ってこうだよね!というイメージ通りの状況になっていて、横目でちらりと雰囲気を味合わせてもらいました。

お会計をしてもまだ19時。商店街をぶらぶらして、せっかくなので眼鏡橋を見てホテルに戻りました。眼鏡橋の界隈は雰囲気があってよいですね。近くにおしゃれなホテルがあったな~

f:id:simplesinglelife:20220503162745j:image

 

 

1.長崎に行こう:島原観光

Day1:2022年4月29日

ANAのスカイコインの期限が迫っており、GWは行ったことがないところ…で長崎に決定。ハウステンボスが有名ですが、あまり興味がなく、キリシタンの歴史をメインに回ることにしました。

行きの飛行機はほぼ満席。空港でレンタカーを借りて島原へ。大体1.5時間ぐらいで、島原城に到着しました。ナビの通りに行ったら、ずーっと畑の中を走っていまして、棚田があったり、楽しかったです(一人旅なので、写真はなし)。どうやら雲仙グリーンロードという道だったみたい。

 

11時半ごろ到着して、まずは昼食!

f:id:simplesinglelife:20220503161646j:image

島原城の駐車場に止めて、お堀の横にある姫松屋さんへ。(お店のHPは文字が化けるので食べログで)

tabelog.com

開店まもなくだったので、まだまだ開いていてすんなり入れました。こちらは島原のローカルフードの具雑煮がいただけます。歴史が古く、こんなものも。

f:id:simplesinglelife:20220503161734j:image

具雑煮とは、簡単に言うと具沢山のお雑煮(笑)中には、おもち、ごぼう、練り物、鶏肉、あなご、卵焼きといった具材が出汁とともに土鍋で出てきます。お餅が5個ぐらい入っていて、こりゃ食べきれるかな、と思いましたが、厚みがないのでぺろり。あっさりした出汁なので、最後まで飽きずに食べられます。おいしかったです。

f:id:simplesinglelife:20220503161757j:image

お腹を満たしたら、まずは武家屋敷へ。お城からは歩いて5分ぐらいだったかな。住宅地に溶け込んでいるので、ぼんやりしていると見逃しそう。

f:id:simplesinglelife:20220503161824j:image

綺麗な水の小川を挟んで、両側に住宅が並んでいます。普通のお宅と昔の家(見学できる)が共存していて趣があります。見学できるおうちは3か所あったのですが、1件素敵な欄間。

f:id:simplesinglelife:20220503161847j:image

私の訪問時はまだ雲が晴れなくてちょっと暗かったのですが、天気の良い日はまた素敵だろうなと思います。

ここから歩いて次は観光案内所のあるエリアの四明荘へ。お城の周りを歩いて、15分ぐらいかな。島原って想像以上にこじんまりした町でした。

f:id:simplesinglelife:20220503161912j:image

観光案内所の通りも住宅街の中。道のわきには水が流れていますが、なんときれいなこと。島原は水の街だとは知らなかったです。四明荘は中に入ると、スタッフのマダムが出迎えてくれます。

f:id:simplesinglelife:20220503161941j:image

湧水で淹れた緑茶をふるまってくださいますが、これが美味しい。やっぱり水だよね。ちょうど他にお客さんがおらず、マダムとはたくさんお話ができました。こちらはお医者さんの別荘だったらしく、暮らすための家ではないため、こんなに素敵な造りになっているとのこと。庭園と美しい水と、ずーっと縁側でぼんやりできる。また、「鯉の泳ぐ街」として売り出していますが、あくまで人を呼ぶためで、鯉自体は関係ないらしい(笑)確かに、透き通ったお水の中に悠々と泳ぐ鯉の紅は映えますけどね笑。

f:id:simplesinglelife:20220503162003j:image

あとは意外に愛知県と島原はつながりがあった。幸田と姉妹都市らしいですよ。藩主も松平氏だったみたい。

島原は半農半漁の街ということで、若い人は外へ出て行ってしまうみたい。老後には向いていると笑ってマダムはおっしゃってましたが。

島原の観光名所としては以上かな。お腹に余裕があればかんざらし、たべたかったな。(自分で作るセットは、長崎のお土産屋でも買えます)

f:id:simplesinglelife:20220503162039j:image

さて、最後に島原城へ。島原城は中に入るのに2か所しかお堀の外とつながっていなくて、ぐるっと回らないといけないのが面倒くさかった笑

お城の内部はキリシタンや島原・天草一揆に関する史料・説明がメインでした。このあたりは教科書レベルしか知らなかったので、勉強になりました。特に隠れキリシタンのマリア像が観音だったり、てっきりキリスト教弾圧の宗教一揆だと思ったら、本来は圧政への一揆だったことなど。ここで見たもの読んだものは、この後の長崎観光のベースになりました。

f:id:simplesinglelife:20220503162106j:image

さて、ぐるっと見て帰ろうかと思ったら、出口の目の前にたくさんの彫刻。。。

f:id:simplesinglelife:20220503162134j:image

離れの建物に入ったら、北村西望さんの美術館でした。どなた?と思ったら長崎の平和祈念の像の作者だったんですね。躍動感のある作品に魅了されました。また展示の中にあった平和祈念像へのコメント。ぐっとくるものがあり思わず写真を撮ってしまいました。

f:id:simplesinglelife:20220503162200j:image

 

モーニング@Caffe de Gouter / 岐阜駅

訪問日:2022/04/23(土)

岐阜駅周辺でないかしら…と探して発見したこちら。

tabelog.com

有名なサカエパンの向かい側です。

f:id:simplesinglelife:20220423084613j:image

中は程よいサイズで、8時前に到着したら、80%ぐらいの席が埋まっていました。(写真は食後で、ちょうどお客様がいなくなったタイミングです。)f:id:simplesinglelife:20220423084621j:image

一人席は壁に向かってちょっと広めのテーブルが置かれています。モーニングはドリンク代のみと、追加金額。今日はサービスで頂くほうを選択しました。
f:id:simplesinglelife:20220423084616j:image

厨房のほうではご主人とお姉さんが楽しそうにお話しされています。あとはラジオがかかっていました。お客さんはみなさん静か。。。チンというトースターの音が聞こえたら、到着です。
f:id:simplesinglelife:20220423084619j:image

レモンティー(400円)

通常モーニングサービス

 シナモントースト、サラダ、茶碗蒸し、ヨーグルト、オレンジ

 

さすが岐阜、茶碗蒸しが小さいけれどついています。中はコーンとちくわが入っていました。トーストは厚切りで食べ応えがあります。小倉と迷ったけど、今日はシナモンシュガー。ヨーグルトは甘いプレーンタイプ。オレンジも甘かった。ドリンク代だけでここまでつけてくれるのはお得ですね~駅の目の前だし、朝早くから開いているので、岐阜駅に来るときにはおすすめです。

 

www.google.com

モーニング@はちの巣カフェ / 浄心

訪問日:2022/04/17日(日)

以前1回挑戦したら、臨時休業で振られたお店。時間に余裕がある日にリベンジしてみました。

hachinosu-cafe.com

 

浄心の駅からはちょっと歩きます。しかし朝7時から開いているというからすごいね。

のんびりしていたので8時過ぎに到着しました。

f:id:simplesinglelife:20220417085222j:image

あとちょっと遅かったら満席で座れなかったかも。モーニングのメニューはいくつかありましたが、ここはやはり人気NO.1を。
f:id:simplesinglelife:20220417085234j:image

ドリンクはせっかくなので蜂蜜関係を…と思いましたが、ぴんとこず。フェアトレードのコーヒーに。
f:id:simplesinglelife:20220417085225j:image

席数はそんなに多くないです。お店の半分はキッズルームになっていて、、満席の後に入店された方は、キッズルームの席に案内されていました。
f:id:simplesinglelife:20220417085230j:image

揚げ物の音がして到着。
f:id:simplesinglelife:20220417085227j:image

フェアトレードメキシコ(500円)

モーニングプレート(+200円)

 トースト、クロワッサン、小豆、ジャム、

 スパゲッティ、ハッシュドポテト、から揚げ、ウインナー、スクランブルエッグ、

 ハム、ポテトサラダ、グリーンサラダ、キノコスープ、ゼリー

 

200円でモリモリのプレート。ジャムはリンゴかな。ゼリーの味は良く分からなかった(笑) 揚げ物は揚げたてなのでサクサク、クロワッサンも温かくてさくさく。

蜂蜜要素はゼロですが、純粋なモーニングとしてはとってもお得です。駐車場もあるので、車の方にも来やすいかな。モーニングも予約されている方がいたので、確実にしたいなら予約がおすすめかも。

珈琲もたっぷりで、とてもおいしかったです。

 

 

www.google.com