そうだ、イタリアに行こう 4

2015年5月2日

 

朝食はこじんまりした部屋で。クロワッサンとか、ハムチーズ、ヨーグルトとか。コーヒーは機械があったな。

f:id:simplesinglelife:20170624080500j:plain

あまーい

10時ごろゆっくり出かけたら、すでに外は観光客でいっぱい…何はともあれ、バポレットに乗ろうと駅前のチケット売り場に行ったら、すでに行列。すごい。。。中に入ったら運よく座れたので、景色を見ながら中心地まで。

f:id:simplesinglelife:20170624080709j:plain

ひとつ前の列に座った3人父子。後ろから見るとそっくりで、ほほえましかった(笑)

f:id:simplesinglelife:20170624080818j:plain

ゴミも物資も人も、物流はすべて船頼み!どんな建物にも船着き場があって、これが水の都か、と面白かったです。

 

f:id:simplesinglelife:20170624081233j:plain

サンマルコ広場で降りてみたんですが、考えが甘かった。人だらけ、観光場所(鐘楼とか宮殿とか)はみーんな大行列。ディズニーランドに匹敵。各国からツアー客もたくさん。こりゃ、ガイドブックに載っているような観光名所は入るの不可能だな…と朝一番にあきらめがつきました(笑)ディズニーランドなら、「ここから90分」とかあるけど、こんなところにあるはずもなく。一体どのくらいみんな待つつもりなんだろうか…と並んでいる人の我慢強さにびっくりします。

 

f:id:simplesinglelife:20170624081636j:plain

興味深いものがたくさんあるのに、人の多さに萎える…

 

f:id:simplesinglelife:20170624081732j:plain

あきらめて、ぶらり路地散歩。もう迷路みたいで、自分がどこに向かっているのか全く分からない。もはやベネチアに住むしか、この町を攻略する術はないのか。

f:id:simplesinglelife:20170624083327j:plain

腰を痛めそう。ゴンドリエールは皆、大分年上のおじ様たちだったし。

 

f:id:simplesinglelife:20170624083445j:plain

散歩も飽きたし、ちょうど近場にあったアカデミア美術館へ。

イタリア絵画はあんまり詳しくないので、山田五郎さんが彼氏だったらなーと思う。旅に出ていつも思うのは、本当に自分は何も知らないってことね。旅の前の事前学習、本当に大事。

 

f:id:simplesinglelife:20170624084019j:plain

この美術館は展示方法が面白かったかな。大広間の天井角にも絵が。バルコニーから除かれている感じ。

朝は曇っていたけれど、美術館から出たら雲が晴れていて、更なる散歩日和。目についたファストフードで、お昼ご飯。一人9ユーロぐらい。

www.tripadvisor.jp

f:id:simplesinglelife:20170624084339j:plain

(余談ですが、私の記憶力すごい。2年前のメモも取っていないレストランを一発で見つけられちゃった。自分で考えて歩くから、なんとなく覚えているのよね。)

f:id:simplesinglelife:20170624085253j:plain

そろそろゴンドラ乗ろうかな、と適当に目についた乗り場に。20分80ユーロぐらい。定番だけど、ゴンドラは絶対乗ったほうが良い!水の都は、船に乗ることで全く見え方が変わります。水位が…とかたまに聞くけど、こりゃすぐに水没しちゃうわね。時々説明をしてくれるゴンドリエーレ、寡黙なおじさまでした。

f:id:simplesinglelife:20170624085457j:plain

渋滞中。

f:id:simplesinglelife:20170624085537j:plain

カナルグランデに出ると、さすがに波が高く揺れる。流れも強いしタクシーもすぐ横を通るから、よくもまあ手漕ぎで進めたものだと驚きました。

f:id:simplesinglelife:20170624161221j:plain

向かいの教会に入ってみたり。ぶらぶらしたり。

 

疲れたので一度宿に戻ることに。Tちゃんはお疲れで昼寝。夜ごはんもいらないって。私一人で、再度散策。

f:id:simplesinglelife:20170624161354j:plain

駅から出て右側は、急に都会的。水の都の趣ゼロ。

f:id:simplesinglelife:20170624161453j:plain

こんなものも発見。(左のお兄さん、すごくタイミングよくカメラ目線だ。)

 

ご飯どうしようかなーとふらふらしていて、昨日入ろうか迷った某レストランに。しかしこれが今回の旅の唯一の失敗でした!!

いや、自分が悪いんだけどね、入口のウェイターさんのオススメだっていうパスタをメニューも見ずにそれでいいわって言っちゃったのよね。その結果がこれ。

f:id:simplesinglelife:20170624161710j:plain

おい、誰がこんな豪華なパスタを注文した?この瞬間、ああやられたーとがっくり。ええ、おいしかったですよ。サービスだって、食後のシャーベットもくれたよ。でもさあ、請求額は結構なぼったくりでしたよ。いや、どれだけ良いレストランで、新鮮な良い食材を使っているかはわからないわよ。それでもちょっと…というぐらいの値段でした。高い勉強代でした。

みなさま、メニューはちゃんと見て注文しましょう!!

前日のレストランのすぐ近くのお店ですが、そこそこ評判も良いらしいので、お店の名前は控えます。

 

本当はベネチアングラス・ムラーノグラスが欲しかったんですが、どのお土産やもニセモノか?という気持ちが拭い去れず、結局100%ベネチア産ではない、ガラスのピアスを買いました。いいです、デザインが気に入りましたから。

そうだ、イタリアに行こう3

2015年5月1日

 

今日は、真実の口にまず行くことに。たぶん行列だろうな…と思い、開始時間に合わせて出発。

f:id:simplesinglelife:20170603211245j:plain

地下鉄の駅を降りて、右手に広場と遺跡を見ながら、教会へ。今日もいい天気。10分ぐらい歩いたかなー?

f:id:simplesinglelife:20170603211343j:plain

9時30分少し前で、すでに大勢の人が。韓国人の団体さんの後ろについたら、すぐ私たちの後ろに現地の学生さんの団体が。社会科見学かしら。

 

f:id:simplesinglelife:20170603211822j:plain

手が噛まれずに済んでよかったー

 

こちらはスタッフの人が、カメラを預けると写真を撮ってくれるのですが、もう慣れたもの。さくさく進むので、そんなに待ち時間は長くないです。世界各国から来るから、お客さんに合わせて挨拶するし、フレンドリー。日本人と分かると、「ラッスンゴレライ」。なぜそれ(笑)無料で撮ってくれますが、教会なので寄付をお気持ちで。と言われます。思っていたより、顔の大きさは小振りでした。

f:id:simplesinglelife:20170603212435j:plain

外の行列が嘘のように、中は静かで素晴らしい装飾。これは絶対中に入るべきです!

 

またえっちらと競技場の横を歩いて、ホテルに一回戻ります。実は移動日。

f:id:simplesinglelife:20170603212822j:plain

www.tripadvisor.jp

テルミニ駅のカフェでランチ。このサンドイッチ、大きかったけどおいしかった。イタリア旅行で一番おいしかったものかも(笑)

 

f:id:simplesinglelife:20170603213656j:plain

これには乗っていない(笑)

イタロで移動かと思ったけど、結局私たちは普通の特急だったような…電車でベネチアに向かいます。

f:id:simplesinglelife:20170603213923j:plain

チケットは日本で予約したのですが、旅行会社の人、気を利かせて二人とも窓際にしてくれていました。個人的には1列で取ってくれたほうが、トイレに行きやすかった(笑)

なぜかフィレンツェあたりで制御の故障により、1時間ぐらい停止。移動は絶好の昼寝タイムです。しかもベネチアは終点だったので、さらに安心して眠れる(笑)ちなみに、ドリンク1杯とお菓子が無料で配られました。私たちの席は最後のほうだったのか、ドリンクの選択肢が少なかったけど(笑)あとは名鉄ミュースカイみたいに、車内誌があったり。私のはす向かいにカップルが座っていたのですが、とにかく彼氏が彼女に甘えていて(ひざまくらしてもらって、ずーっと抱きついていた。彼女は頭をなでたり。)、これはイタリアスタイルなのか!と面白かったです。

 

f:id:simplesinglelife:20170603214601j:plain

あいにくの雨。

駅をでたら目の前に、運河!うわー本当に水の都だ、と驚きました。テンションアップ。

ホテルは、駅からすぐのIL MERCANTE DI VENEZIA。

www.ilmercantedivenezia.com

お土産の連なるメイン通りの、気を抜くと通り過ぎそうな小道へ曲がるとホテル。この小道、すごーく素敵なバルがあったんだけど、結局行けなかったわ…

しかしベネチアは総じて高い。ホテルも1泊2万円近くまで跳ね上がりました。そのくせ部屋は狭い。金持ちの観光地だわ…

f:id:simplesinglelife:20170603215116j:plain

ひとまずご飯を食べに、メイン通りを散歩。ジェラートのお店があったり

f:id:simplesinglelife:20170603215308j:plain

もちろん仮面はお約束

f:id:simplesinglelife:20170603215431j:plain

橋を越えたあたりのレストランに。たぶん、ここだったはず。メモがない。

www.tripadvisor.jp

f:id:simplesinglelife:20170603221345j:plain

ツナサラダだから、とマグロの刺身とかを想像していた私がバカでした。まさか本当のツナサラダだとは。

 

すごく狭いところで、アメリカ人夫婦とドイツ人夫婦に挟まれたテーブルに。でも店員さんはすごく愛想がよいし、いいレストランだと思いました。日本語メニューあり。なぜか写真を撮り忘れたけれど、イカ墨スパゲティーに挑戦しましたよ~全然臭みがなくて、お歯黒にもならず、イカの味が濃くておいしかったです。

両側のご夫婦もとてもノリが良く、ちょっと世間話をしながら、待ちました。店員さんが少ないのか、ちょっと時間がかかったけどね。

f:id:simplesinglelife:20170603222143j:plain

腹ごなしにジェラートを食べつつ、夜景を見ながら宿へ。

 

f:id:simplesinglelife:20170603222220j:plain

 

 

そうだ、イタリアに行こう 2

2015年4月30日 3日目

朝ごはんはパンにチーズにハム、たまごetcetc...いわゆる普通の冷たい朝ごはん。ここで昨夜、ジェラートと共にひそかに買っていたティラミスをオープン!

f:id:simplesinglelife:20170521112854j:plain

嗚呼、幸せ。

Tちゃん、ちょっと引き気味だったけど(笑)

まず、今日はバチカンに行くことに。チケットは日本で購入済みだから、楽ちんと思っていた私が甘かった。

f:id:simplesinglelife:20170521113013j:plain

地下鉄の駅を降りると、人!人!人!しかも、ツアーの客引きが多すぎる。3歩進めば客引きに声をかけられる。要らないと突っぱねてとにかくずんずん歩いて行ったのに、この信号で、駄目押しで、チケット持っていても「ツアーナラサラニハヤイヨ」とそそのかされ、参加することに。と言っても、日本語はないので英語ツアーに。しかし、結論としては参加しなくても良かったのでは?20ユーロも余分に払ってしまったよ、とほほ。。。

 

個人的な感想としては、

メリット

・それなりに説明してくれる。

・有名どころの作品のみピックアップして、サクサク回れる。

デメリット

アテネの学堂は見ない

・最後は放置プレイ。システィーナ礼拝堂に入った時点で、ガイドはどこかに消える。何の説明もないため、他の参加者と??となりながら、流れ解散

不明点

・チケット持っているけど、ツアー不参加組との、入場までの待ち時間の比較

 

f:id:simplesinglelife:20170521113740j:plain

入口は右と思わせといて、奥の小さい穴。フェイントだ。。。

f:id:simplesinglelife:20170521114521j:plain

やっぱりアポロンとラオコーンは外せないね。想像より小さかったです。(弓をひくヘラクレスぐらいのイメージがあったのよね。)

Tちゃんを引っ張りまわしていることは認めつつ(彼女は私ほど興味がなかったかも)、ちょっと罪悪感も感じつつ、とにかくガイドに引っ付いて回る。ゆっくり見るとルーブルみたいに何日もかかるのでしょうね。今思うと、途中でドロンしてもばれなかったかも。個人で好きなようにゆっくり見るのが一番ですよ、やっぱり。

f:id:simplesinglelife:20170521114500j:plain

しかし広すぎでしょ。迷子になったら、一生出られなさそう

 

f:id:simplesinglelife:20170521114558j:plain

システィーナ礼拝堂内は、撮影禁止でした。神聖な場所なので、中にいる係員の人はとにかく「静粛に!」と注意していました。礼拝堂は、もう息をのむ美しさです。あの雑誌でしかみたことのない天井画。あまりの巨大さに、遠近感が狂いました。天井見すぎて、首が痛い。。。

それから最後の審判。あのブルーの鮮やかなこと。ああ、もっとキリスト教について勉強しておけばよかった。といつも以上に後悔です。

(イタリアには行けないけれど、という方には、徳島の大塚美術館をお勧めします)

 

さて、出口を出たら行先を見失うことに。ガイドもいないし、構内地図もない。ひとまずクーポラの上に上がってみる?一人7ユーロ。でも途中からは300段ぐらい階段です。覚悟がないとむーりー

f:id:simplesinglelife:20170521115444j:plain

上にはちゃんと見学者通路があり、クーポラをぐるりと回れます。

f:id:simplesinglelife:20170521120108j:plain

よくガイドブックに載っている景色もばっちり。いやーさすがカトリック総本山。

f:id:simplesinglelife:20170521120338j:plain

当時、これだけの装飾の華やかなものを見せられたら、私もカトリック教徒になろうかしらって、思うわね。(不謹慎)

f:id:simplesinglelife:20170521120636j:plain

うっかり見過ごしそうな片隅に、あのピエタもあります。(ガイドブック未読キケン)

だんだん装飾の過剰さと建物の巨大さと人の多さに、感覚がマヒしてきて、そろそろ脱出しようか…となりました。

 

f:id:simplesinglelife:20170603204123j:plain

ひとまずパンテオンに向かってあるきつつ、お昼ご飯をどこかで食べようと計画。いい天気です、絶好の散歩日和。

 

もう、どこでご飯が食べられるかわからないので、ひとまず目についたここでランチ。

www.tripadvisor.jp

f:id:simplesinglelife:20170603204308j:plain

流石観光地!日本語メニューがあって、スタッフも悪くなく。外の席で食べました。マルガリータアマトリチャーナと、一度試してみたかったアーティチョーク

…うーんアーティチョークの美味しさは、私にはわからなかった(笑)今後またどこかで挑戦してみたいものです。ご飯はおいしかったですよ。

 

GoogleMapを存分に活用しながら、パンテオンに向かいましたが、途中の路地も雰囲気抜群で素敵でした!

f:id:simplesinglelife:20170603205100j:plain

たぶん素敵なお店がたくさんだったんだろうな…お金と時間があれば

 

f:id:simplesinglelife:20170603205325j:plain

パンテオンは外から見ると、ボロい…という印象だったんですが、入って圧倒されました。この円が不思議な空間を形成していて、なんていうか精神的に不安になるような、でも一方で神秘性を感じるような、そんな印象を受けました。実はローマで一番印象が強かった場所。ちょうど名古屋から、マンドリンの演奏チームが来ていてコンサートをしていたのですが、マンドリンって音が小さいので耳を澄ませていても聞けず。残念。

 

ここから今度は、コロッセオを目指して散歩です。

f:id:simplesinglelife:20170603205625j:plain

"omnes viae Romam ducunt" すべての道はローマに通ず

 

さて、今後行く方に絶対言っておきたいのは、「コロッセオのチケットは、フォノロマーノで買ったほうが良いでーす!」

コロッセオのチケット売り場は、行列です。途中歩いている途中でいくつもフォノロマーノのチケット売り場があったのですが、まあいいだろうと高をくくっていたら、やられました。人数に対して売り場が2つぐらい?1時間ぐらい並びました。しかももうすぐ閉館時間…やきもきしながら並びましたので、絶対に事前購入をお勧めします。

 

 

f:id:simplesinglelife:20170603210123j:plain

中はごつごつ、思っていたのと違う…

 

確かに巨大なんだけど、5万人も本当に入るのかしら?という印象でした。実は機内で映画グラディエーターをちら見していたから、ちょっと感慨深かったです。地下は迷路のようになっていて、舞台もあって。のっぺりした会場だと思っていたので、とても意外でした。写真で見ると目がおかしくなりそう(笑)

 

f:id:simplesinglelife:20170603210633j:plain

帰りは疲れたので、スーパーでお惣菜購入。テレビを見ながらのんびりしました。

静岡のお土産の定番

今日は親戚の結婚式で、静岡に行ってきました。静岡は私が生まれて7年間住んだ町。母の実家があるので、そこそこ愛着があります。

名古屋のコンサートに参加できないときに静岡で参加したりするのですが、最近は冠婚葬祭ぐらいでしか来ないので、本当に久しぶりの静岡でした。

 

さて、静岡の駅には東海キオスクという売店があります。新幹線口の前の店舗はそこそこ広いのですが、ちょっと見ない間に色々な心惹かれる商品が出ていて、つい長居をしてしまいました。ついでに5000円も散財(え

そこで、血液は静岡茶と幼少期より主張している私が、ばかうまい静岡土産の一部をご紹介しましょう(笑)

f:id:simplesinglelife:20170603194117j:plain

1.こっこ

shop-cocco.jp

東日本の方はラジオとか、TVCMで見たことがあるかも。ひよこのキャラクターが「ふつつかものですが…♪こっこ、こっこ~こっこ!」とか言っているやつ。県外の人からすれば静岡のお菓子といえば、浜松のうなぎパイが不動の1位のようですが、このこっこもおいしいんですよ。

ふわふわの蒸しパンにクリームが入っていて、この時期は冷蔵庫で冷やすのがおすすめ。期間限定の味もあります。因みに個人的には昔のCMソングが好きです。「♪たまごかな?ケーキかな?」

 

2.黒大奴

以前に書いたので。私の中で絶対外せないお菓子です。

simplesinglelife.hatenadiary.jp

3.CHIYOの和

www.gasho-an.com

実はこれ、初めて買いました。楽天で人気みたいですね。一人なので、小さいサイズを。お茶味のお菓子って、色だけで風味が全くないものも多いので、これには期待しています!

 

f:id:simplesinglelife:20170603194150j:plain

4. たぬきおむすびと黒はんぺんフライ

静岡のソウルフードとして、黒はんぺんがあります。私も静岡を離れるまで、はんぺんは黒いもの、と思っており、白いはんぺんを食べたことがありませんでした。静岡県でも浜松の人にはあんまりなじみがないかも。黒はんぺんはおでんによし、炙ってよし、そしてフライは最高!

キオスクには大手企業の作る黒はんぺんも売っていますが、我が家は昔から安倍川の近くにある、蒲安さんのものしか買いません(蒲安商店「おいしい田舎空間」)。何が違うかというと、厚みが違う!大手さんのものはペラペラです。たまーに名古屋のスーパーで見かけることもありますが、あれは私の中で別物です。

 

たぬきおむすびは、最近でてきましたね。静岡には昔から天神屋というお弁当屋さんがあるのですが、そこが売り出しています。天かすを甘辛く味付けて、ご飯と混ぜておむすびにしています。天かすの風味がいいんですよね~

 

f:id:simplesinglelife:20170603194133j:plain

5.わさび漬け

www.tamaruya.co.jp

わさび漬けって全国区なのかしら?静岡はわさび生産日本一だったような。田丸屋さんはスーパーにおいてあるわさび漬けの大手。酒のお供によし、ご飯のお供にもよし。生ものなので、早めに消費が鉄則。私みたいにちびちび食べていると。最後には味が落ちて悲しい思いをします。

 

6.うす茶糖

www.chikumei.com

子どもの頃に、夏といえば母が作ってくれた(水を注ぐだけ笑)、甘い緑茶です。暑くなってくると、飲みたくなるのよね。これと、あられの入ったうす茶糖あられというものもあります。竹茗堂といえば、静岡市民なら誰もが分かる、呉服町に昔からある老舗のお茶屋さんです。

 

7.のっぽぱん

のっぽパン | 株式会社バンデロール

子どものころから好きな菓子パンの一つ!ヤマザキのナイススティックみたいなものでしょうか。類似製品はどこにもあるものです。

実は昔は今の会社の親会社が作っていたのですが、2007年ごろに事業再編だったかな?で製造終了するということになり、県内に激震が走ったのです。その頃私も県外にいたのですが、離れて気づいたのっぽぱんとの思い出(笑)今ではごくわずかの店舗で買うことができるようです。いやー今日はラッキーだった。

どれだけすごいかは、ファンサイト(今は休止中)を見ていただければ分かるはず…

のっぽパン大好き!「のっぽワールド」●トップページ

 

8.ポチャージュ

お茶のポタージュ『pochage(ポチャージュ)』 丸福製茶 – お茶のポタージュ『pochage(ポチャージュ)』は、お茶屋だからこそできる香り高い静岡茶の心地よい渋みが身体を目覚めさせてくれます

これは新作でした。ちょっと楽しみ。最近は平日の夕食をスープだけにしているので、家に早く帰りたくなりそうです。

 

 

あまりに今回楽しくて、つい長文になりましが、まだまだ、静岡にはたくさんお勧めしたいものがあるのですが、ひとまず今回自分へのお土産として買ったのはここまで。そのうちまた行くことがあれば、違うものも試したいなと思います。

当分、会社のおやつは静岡一色になりそうです(笑)

 

久しぶりの東京とスカイダイビング 2

そのよん


スカイダイビングに挑戦!
これメインイベントです。死ぬ前に常々やってみたいと思っていました。

日本にはいくつか体験できる所がありますが、今回は藤岡ダイビングクラブを選びました。藤岡駅にお迎えに来てくださったかたは、愛知出身の方らしく、入会後は愛知から通ったとのこと。4時間かけて…でも飛んでから思ったのは、それ有りかも。

www.skydivefujioka.jp


公園の中を抜けた先に広場があり、トラックで受付。まずはビデオで飛び方のレクチャーを受けて、ひたすら待機!

体験でグループの人は、車で来ている人も多いみたい。飛ぶのは受け付け順だったのかな。合間にジャンパーの方たちも飛んでいましたので、待ち時間は長め。待っている間はヘリコプターも見られるし、前の人が飛んでるのがだんだん見えて来るのに、興奮!思っていたより、着陸スピードは速い。

ヘリコプターもフル稼働。上がっては戻って、を繰り返していて、一定の周期で燃料補給。見てたところ、操縦士の交代はしてない?!地上と密に無線で連絡を取っているようで、上でジャンパーの人が出たので次の人は準備してね〜と呼びかけが常にありました。

8:30の回でしたが、前に七人ぐらいの団体さんがいたので、飛べたのは10:30ごろ。たまたま同じ回にルーマニアの子が一人で来ていて、一緒にヘリコプターに乗りました。
タンデムのメイン担当なのかな?体験の人は基本的に、フランス出身のMさんとオーストラリア出身のTさんが付いていました。彼ら、忙しそうでした。飛ぶ、着陸、パラシュート片付け、次の人のハーネスを付ける、の繰り返し。でもそんな疲れは露ほども見せず、とても親切&フレンドリーでした。凄すぎる。


ヘリの中は五人でぎゅうぎゅう。タンデム二組+カメラマンさん。私は静止画をお願いしましたが、これ正解でした!だって、こんな素敵な写真が残せるのだもの!

f:id:simplesinglelife:20170504224334j:plain


まずはバラバラで乗り込んで、900mぐらいまできたら、ハーネスをインストラクターの人と接続します。こんな狭いところでどうやるの?と思ったら、体験者はインストラクターの膝に座るんですね。いやー重くてスミマセン(笑)
(と言ったって、申し込み時に体重はバレている)
ヘリの片側は、飛ぶために開きっぱなし。風が吹き込む中、下を見るとどんどん小さくなっていく街並み。田中達也さんの作品みたいって思いました。

f:id:simplesinglelife:20170504224434j:plain


ジャンパーの皆さんは、高度計(って言うの?)を持っているので、それを見せてくれて、飛ぶよーって合図。なんと!まずはカメラマンさんがヘリの側面に!(ミッションインポッシブルみたい)
で、いーちにいさん(本当は掛け声が違うんだけど忘れた。)で、問答無用でリリース!
えー!って叫びながら、必死で海老反り。最初は逆さだったんじゃないかな?で、体勢を安定させて、フリーフォール。

f:id:simplesinglelife:20170504224527j:plain

カメラマンさん、寄ってきてすかさず撮影。ジェットコースターみたいに、お腹はふわっとならず。とにかく、ああ落ちてるのね、ワタシ。と冷静な自分がいました。落下してる感覚が思っていたよりないのと、むしろ気圧の変化で耳がキーンってなって痛かった(笑)

f:id:simplesinglelife:20170504224636j:plain


で、ある高さに来たら、パラシュートオープン。ちょっと身体が上に上がる感じがあって、海老反りからいわゆる直立体勢に。落下が緩やかになって、景色を楽しみます。パラシュートを少しの間自分で操作させてくれるんですが、結構な力で引っ張らないと動かない(笑)
インストラクターさん、手伝ってくれるんですが、旋回しようとすると、結構なスピードでくるくるされて、落下も相まって結構怖い。いやーって叫びながら、景色を楽しみました。

f:id:simplesinglelife:20170504224747j:plain


最後の着陸は、側から見てても思ったけど、スピード早い。地面とぶつかるーと言いつつ到着。よく叫んである意味、ストレス解消になるかも。到着した瞬間に、あーまた飛びたい、と思ってしまった私は、すでに中毒に一歩仲間入りかも…

 

8時30分の回+静止画をお願いして、39000円。決して高くない体験だと思います。迷っている方、ぜひ一度体験してみることをお勧めします。

 

f:id:simplesinglelife:20170504225237j:plain

 

あ、帰りはタクシーを呼ぶのですが、公園~駅まで約2000円です。

 

帰りは、お疲れ様のお寿司(笑)早く予約したので、1番安かったこだまのグリーン車

f:id:simplesinglelife:20170504225932j:image

久しぶりの東京とスカイダイビング 1

GWは国内でダラダラしていることが多いです。が!年初のやりたいことリストを見直して、この連休に実現させてみました!思い立ったら、行動は早いの。…プライベートならね。

 

そのいち

大学の時の友人に会う!

会いたいなーと思いつつ、中々機会が作れなかったKちゃん。同じアメリカの大学に、留学した仲なのです。彼女は最近転機が訪れていて、夢を実現したのです!最近、腐っている私としては、自分に喝を入れねば!と思っていたので、彼女から、素敵なそして自分を見つめなおす話しを聞くことができました。

もちろん、オトナらしくビール片手に(笑)お店はヤッホーブルーイングのレストラン。

yonayonabeerworks.com

私はスペシャルビールの、生きているエールを選択。生きてるからか、温度は温め。泡が落ち着いたら飲んで良いらしく、しばしお預け。でも香り高くて、お店じゃないと飲めないんだなーきっと。

f:id:simplesinglelife:20170503185051j:image

写真ヘタすぎる

 

そのに

知り合いのお店に行く!

通っているバーで以前働いていたSさん。何と東京に自分のお店をオープンしまして、やっと行くことができました。私よりいくらか年下なのに、すっとぼけてた人だったのに、凄い…早い時間に行ったせいか、Sさんを独り占めして、人生相談でした。

f:id:simplesinglelife:20170503185315j:image

栗のカクテル(やっぱり写真が…)

 

そのさん

話題のGinza sixに行ってみました。

f:id:simplesinglelife:20170504183125j:image

何ですかこの人混み。名古屋ではゲートタワーのオープンで盛り上がっているけれど、あんな人の数は目ではない。まず人が多すぎてすぐには入れない。もうファッションフロアなんて見たって仕方がないので、フードフロア一直線!

しかし、考えが甘かった。1番気になっていた白い恋人ショップは、すでに売り切れ。東京、恐ろしい街。

比較的列の短いで、HONMIDOでお土産を買いました。

さて、味はいかに?

ginza6.tokyo

 

 

北欧好きにおすすめの穴場@都田

先日は母の還暦のお祝いで、浜松に帰省しました。その際に、都田のとある場所 へ行ってきました!

 

dlofre.jp

都田建設が作ったちょっとした集合施設で、北欧テイストのものが集まっています。好きな人には堪らないかも。しかし地元民でも興味のない人には、何だろうって思いながら車で通り過ぎる場所。うちの父もお友達の家に行く途中でよく通るけれど、警備員がいるけど何だろう、で終わっていたらしい(笑)

私もこんなふうになっているとはつゆ知らず、先日参加した日帰りバスツアーでお隣の席に座ったご婦人に教えてもらう始末。。。

 

日曜日の11時過ぎに行きましたが、そこそこ人はいるけれど満車にはなっていない程度。むしろこんな田舎にみんなよく来たな〜とびっくり。

f:id:simplesinglelife:20170409153256j:image

中央広場。もう少ししたら、芝生が青くなるはず。

 

いくつかのショップが点在しているのですが、(昔から住んでいる方たちの住宅地の合間に作られているから。)、特に驚いたのは、ファブリックショップ。こんなにマリメッコとかの生地をたくさん見たことないよ!名古屋のマリメッコショップでも生地は、たぶんこの10分の1も無いよ!

f:id:simplesinglelife:20170409153323j:image

物欲刺激。。。

 

こうやって見ると、色々なデザイナーさんのシリーズがあることが良くわかる。

かわいいけれど、お値段はかわいくない(笑)

このショップは布だけですが、ちゃんと完成品のショップもあります。そのほかにもオシャレ雑貨のショップも。

f:id:simplesinglelife:20170409153344j:image

嗚呼、憧れる。

 

いくつかカフェもあります。コース料理のレストラン、カフェ2つ。私たちはすぐに入れるノルディックデリに入り、ランチ。もう一つのちょっとしっかりしたカフェは、1時間待ちぐらいらしい。

f:id:simplesinglelife:20170409153402j:image

公園の横にあるよ。

f:id:simplesinglelife:20170409153410j:image

サンドイッチ(フラッフィー)とスープのセット。1200円なり。

 

蔵を改造した本屋さんとかもあって、とにかくすーてーきー!!

さてここからちょっと行ったところにある、電車の駅もリノベーションしたとのことで、立ち寄ることに。

f:id:simplesinglelife:20170409153419j:image

おお…あのローカル天浜線が…

 

1時間に1本しかないローカル線ですよ。無人駅ですよ。ちょっとすごいことになっていてびっくり。外も中もファブリックで彩られていて、不思議な雰囲気。

f:id:simplesinglelife:20170410060024j:image

カフェもやっています。

 

運良く天浜線が来たので、にわか撮り鉄に。桜、見頃だったなあ

f:id:simplesinglelife:20170409153437j:image

 

田舎とあなどるなかれ。興味ある方にはおススメです。特にファブリック。また、ここはスタッフの皆様が本当にステキでした。

ぜひ、特産品のピオーネの時期に、ぶどう狩りと共にどうぞ!