そうだミャンマーに行こう 3

2015年9月20日 つづき

何で回ろうかなーと思っていたところ、宿の目の前にバイクレンタルショップ。乗るしか無いでしょ!免許は要らないのかと聞いたら、電動だからいいんですって。(ちなみにウインカーはあってもつかないし、ライトは懐中電灯程度。日没後は、厳しいぞ。)日没まで5000チャット。頭の中には1/6の旅人が流れる中(笑)、発進!

スタッフのお兄さんがオススメしていたお店へ。運転に慣れてないから、ブレーキのタイミングが遅れて、駐輪場に突っ込んで、お店のおじさんは大笑い(笑) 例えて言うなら、「慣れてないから、ブレーキいじったっけ、アクセル入っちゃって、もう暴走さ。」
f:id:simplesinglelife:20160531222318j:image
やっぱりミャンマーカレーでしょ!と思い、チキンカレーとパパイヤ生ジュースを注文。次から次へと出てくるお皿にびっくり。生ジュースは甘くて冷たくて、暑さに効く美味しさ。やっぱりアジアはフルーツが美味しい!カレーは、カレーではなく、旨味の凝縮したオイルでした。でもこれが美味しい!ご飯が進む!気持ち良い風に吹かれながら、外でのランチはすごく美味しかったです。
 
優雅なランチを終えて、さっそく散策に。運転も慣れてくると、最高スピードを出せるようになってきて、風を切りながらバイク乗るって楽しいよね、とすっかり二輪ペーパードライバーになってしまった私がいました(笑)
f:id:simplesinglelife:20160531222438j:image
帰るころには、お尻がランブータン
 
ひとまず近場から回ろうかな、と思いローカナンダーパヤーへ。
 

f:id:simplesinglelife:20160616213717j:plain

階段前には、何かのフライとか雑貨とか売っていてそこそこ賑やか。ミャンマーでは寺院に入る時は裸足になるのがルールです。サンダルを持って行こうかな、 と思ったら、串焼きを売っていたおばちゃんが、「見てるから、置いていったらいいよ〜」とのこと。優しい。(因みにお礼で帰りにチップを…と思ったら、止めてよ~そんなつもりじゃないわよ!と言われました。ミャンマーはそういう文化だったのね、と学びました。失礼なことをしたかな、と反省。)

f:id:simplesinglelife:20160616213758j:plain

都会のパゴダとは形がちょっと違う。

ここでは、一人の学生さんと出会いました。砂絵を売っている、英語を勉強中の大学生さん。将来はガイドになりたいらしく、お休み中はお父さんの書いた砂絵を売っているとのこと。色々見せてもらったけど、どれも素敵。そして口が上手い。観光地で私がいつも失敗するのは、一番最初にみたお店や人から、買ってしまうこと。後からあちこち行けば、もっと気に入るものが見つかるんですよね。今回もそうだよきっと、と思いつつ、折角出会った記念にと1つ購入。このお話をしているときに、近所の子どもたちが何をするでもなく、横に座って私たちを見ているのが、むず痒かった。(擦れた私は、いつ何をねだられるのかとちょっと身構えたのです。)

 f:id:simplesinglelife:20160616220811j:image

丸洗いOK、アイロンOK

時間はたっぷりあるので、バガンエリアの反対側にあるニャウンウーまで行ってみることに。日差しはたっぷり、じりじり。見渡す限り砂埃と緑と、遺跡。休みながら移動。途中の遺跡では、のんびり木陰で昼寝中の旅人も。

f:id:simplesinglelife:20160616214908j:plain

スパゲティブラウス…?

f:id:simplesinglelife:20160616215005j:plain

 朽ち果てたり、新しく作られたり

f:id:simplesinglelife:20160616215052j:plain

マヌーハ寺院。ここのお土産売りとその子どもたちは、すごく熱心だった。ちょうどよかったので、実家向けの漆の小物@ほぼニセモノを買いました。子どもの一人は、自分が描いたつたないバガンの遺跡のポストカードを1ドルで買ってくれ~とずっと後ろをついてきて。よく言えば逞しい。ポストカードは買えない代わりに、飴玉をプレゼント。正直に言えばうっとおしいとも感じるのだけど、それもここの在り方なのだと、受け入れる。

f:id:simplesinglelife:20160616215507j:plain

因みに大きな仏様(マヌーハ王)がいらっしゃいました。心臓止まるかと思った(笑)

バガンの果てまで行って、暗くなる前にホテルの近くで日の入りを見たいな、と思いローカナンダーパヤーまで戻ることに。

f:id:simplesinglelife:20160616215745j:plain

 残念ながら雲が多くって、きれいな夕日は見られず。ただ川をぼーっとベンチで眺めていたら、日本人の大学生の人が来たので、ちょっと雑談。初めての海外旅行で、これから専攻を決めるのに、開発経済に興味があって来たとのこと。私も学生時代に、もっといろいろなことをすればよかったな、という後悔の念をふんだんに使って、彼を応援しました。面倒なオバサンだっただろうね(笑)

f:id:simplesinglelife:20160616220105j:plain

おなかも減ったので、宿のお向かいのレストランに(Great restaurantって書いてあったかな?)。なんとお客は私だけ(笑)しかも食べ始めるときに、雨が降り始めて、あわてて避難。

f:id:simplesinglelife:20160616220235j:plain

やっと飲めたミャンマービール。キンキンに冷えて、すっきりした味。カレーとは違う味のチキンとジャガイモの煮物。うまみがあって、これもおいしかった。

疲れ果てたので、早々に就寝。